『風狗 文と』
『キリアン・ザミエルの』

『『K・Kチャンネルー!』』
(BGM: BB channel)

『鶏口となるも牛後となる勿れ、企画を思いついてからそう言えば放送部があるじゃないと気が付きましたがだからと言って思いついたネタを投げ捨てては女が廃る、
まあ取り敢えず一回は自分主催の企画でやってみましょう!という事で今回のゲリララジオを企画しました鴉色の羽と髪が素敵と巷で噂のお耳の恋人、風狗 文と』
『面白そうなネタには全力で乗って行く砂海生まれのマジックガンナー、キリアン・ザミエルよー。
・・・あ、今食堂とかに置いてこのラジオを流している鉱石ラジオは家の鉱石研究部からの貸出だから、鉱石研究部も宜しくね?』
『ちゃっかり自分の部活も宣伝していますよ商魂たくましいですねこの人!
まあ機材貸出してるスポンサーの紹介ですからしょうがないんですがね、あ、部活と言えば放送部のシマを侵してない?大丈夫?と心配してくださる方も多いとは思いますがその辺りは大丈夫です。
ハイパーマルチメディアクリエイト部についてと一緒に一応挨拶して来てますんで。
いや大丈夫だろうとは思いつつも一寸は不安な所も無きにしも非ずであったのですがところがどっこい、完全に歓迎ムードで寧ろ激励されましたねー。
アドバイスどころかマイクまで貸し出されました。うーん太っ腹ッ!
あ、不詳この風狗文が創設しましたハイパーマルチメディアクリエイト部を、ハイパーマルチメディアクリエイト部を宜しくお願いします!
・・・えー前フリはこの辺りにしまして、この二人でお送りさせていただきますはゲリララジオK・Kチャンネル!
今回は初回というのも有りまして(次回に続くと言っていない)短めですが、早速最初のコーナー、始めましょう!』



『『読者からのお便り』』

『先ずは定番、お便りコーナーね。
ちなみにゲリラで第一回なのになんでお便りが?
なんて思うかもしれないけれど、其処は文が事前に集めてくれたからね。
だからはお便りというよりはアンケートコーナー?』
『ふふふこの多次元世界へと飛び立つ一陣の風,
ワールドを跨ぐマスコミ志望のふみふみにかかれば容易い事・・・
まあ実際皆さん気安くていい人ばかりですからねー。
結構ノリノリで答えてくれましたよ?』
『全体的にノリが良い人が多いわよねー。
筆頭としてはアストルフォ。』
『あの人はノリが良いで済ませて良いのか疑問なレベルだと思いますが。
何にせよそのお陰で箱一杯に・・・という訳でキリィさん、最初の一枚をどうぞ!』

『それじゃあ一通目・・・ええと、これはシオニー校長からね。
”皆さんそろそろこの神賽島学園にも慣れてきた頃合いでしょうか。
しかし、慣れてきた時こそ危ないもの。怪我や病気などしないよう気をつけて下さいね。”』
『あやや、真面目にありがたい気遣いですね。
皆連日鍛錬や課題をぶっ倒れかける迄やってますから、その辺りは気をつけたい所。』
『保健室のお世話になる模擬戦をした私たちには一寸耳に痛いわねー。反省はしても後悔はしていないけど。』
『ええ、そこは私も同感ですキリィさん。
まあ保健室に行けば大抵の怪我や病気は治るとはいえ、改造がどうこう何て噂もありますしね。
出来るだけお世話にならない様にしようじゃありませんか。
ではシオニー校長、温かいお便りありがとうございました!』
『それじゃあ次は文ね。はい、どーぞ。』

『ごそごそ・・・そいや!
これは・・・ハクさんからですね。
“ここの食堂はお酒もおつまみも美味しくて良いんだけれど、
営業時間があるからずっと遅くまでって訳にも行かないのよね。
二人もお酒のみだし、そういう所で困ってたりしない?”
あやや、完全に酒好きの同士扱いされていますねこれ。』
『まあ、スギモトやハスラー程じゃないけれど、飲む口だしねえ。
私は大概ラムだけれど、文は?』
『日本酒ですね。いやあ刺し身や何やらと和食もきっちり抑えててにくい品揃えなんですよねえ食堂。
・・・アルハラだけはノーサンキューですが。オニコワイオニコワイ・・・』
『あ、何か駄目なスイッチ入ったわねこれ。
コーナー変えるわよー。それじゃあハクさん、お便り有り難うございました!』



『えー、放送事故誠に失礼しましたァー!』
『ちょっと文、マイクに向かって土下座しても見えないし意味ないわよ。
・・・という訳でお待たせしてごめんね。それじゃあ再開して、
第二にして最終コーナー、始めるわよー!』

『『購買レビュー!』』

『まあ聞いての通り、購買から商品を紹介するコーナーね。
じゃあ文、どうぞ!』
『では失礼しまして・・・ふふ、此処は意表をつかせて頂きましょう。
私が紹介する商品はこれ、“購買ガチャ”!』
『ああ、神様ガチャシリーズの奴ね?今あるのは水神・アクアさんと森神・ユウカさんだったかしら。』
『お二人共人気の有る方ですからね。それがこの精密さで1ガチャ200ペラ。これは買いですよ!
ガチャの都合上ダブル事は有りますが、そこはこう考えましょう、“他にダブった人と交換すれば良い、寧ろ交流の機会になる”と!
アクシズ教の人やユウカさんファンの人は結構居ますし、
同じフュギュアを集めていると成れば親しみも湧いてファーストコンタクトは大成功間違いなし!』
『揃えるには結構な額が必要になりそうだけれど、ちょびちょび買って集めていくのも楽しそうよねー。』

『それじゃあ次はキリィさんの番ね。
私からはこれ、“ホットドッグ”!』
『校長先生お勧めの奴ですね?
前シオニー校長を訪ねた時にごちそうされましたが、本当に美味しいですよねあれ。』
『ええ。勿論娯楽系商品はどれも良い品だけれど、これとメロンパンは特に別格だと思うわ。
ホットドックはシオニー校長として、メロンパンも拘りがある人が学園関係者に居るんじゃないかしら。』
『ううむ・・・そう言われると食べたくなって来ますね。
ですが我慢です、我慢するのです文・・・!もう結構良い時間だから今食べたら太る・・・!』
『私達の運動量なら大丈夫な気もするけれど、そこはやっぱり気になるわよねー。
・・・さて、それじゃあ今日はこの辺で』

『『リスナーの皆さん、又何れー!』』



カッチン!映画でよく見るカチンコが鳴り、放送の終わりを告げる
『はい、お疲れ様!
凄く良かったわよ文ちゃんキリィちゃん!』
『あやや、お疲れ様でした。・・・上手く行った、で良いんですかねライムさん?
一寸放送事故起こっちゃいましたが。』
『お疲れ様ライム。まあ、それも含めて、って事なんじゃないかしら。』
『ええ、勿論!うふふ、文ちゃん可愛かったわよ?
何より二人とも元気よくて、聞いてる私も楽しくなってきちゃった!
これなら聞いた皆も笑顔になってくれるわ!』
『マイクだけじゃなく、態々裏方の助っ人としてライムまで回してくれるなんて、
本当に歓迎してくれているわね、放送部の人たち。
うん、ライムのお陰で色々と円滑に行ったし、本当に感謝してるわ。』
『皆を笑顔にする放送の為だもの!
それに、放送部の皆も楽しみにしていたわよ?
ふふ、その内放送系の部活同士での対決なんて出来るかも?きっと良い企画になるわ!楽しみね!』
『お手柔らかに・・・なんていうのも野暮ですね。
ええ、その時はこの風狗文率いるハイパーマルチメディアクリエイト部、堂々受けて立ちましょう!』
『あ、それはそれとして又ゲリララジオをやるなら、私もゲストに参加したいわ!
枠が開いていたら宜しくね!』
『まあ、次が有るかは未定だけれど、その時は宜しくね?ライム。
ライムと文が居れば会話が途切れることも無さそうだし。』
『テンション高い放送になりそうですね。
さて、キリィさん、ライムさん、それでは今日は・・・』

『『『お疲れ様でした!』』』

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます