┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃| 筋肉バレンタイン                                  |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛



スピネル「・・・・あ、来た。」

北上「ほい、お茶」

スピネル「・・・っと!ありがと北上」

朧「おい!投げ渡すんじゃない・・・!」

北上「はいはいごめんて〜」

朧「・・・ったく、礼を言う」

北上「どーいたしまして〜」

スピネル「はは、まぁまぁ。それで・・・わざわざうちの教室までどうしたの?」



缶ジュースのプルタブに手を掛けながら三人は突然の訪問者に目を向ける。
深刻そうな表情で何も語らずに下を向いたままの彼を。


元ナースト国の特殊兵【疾風器用】のジン「・・・・・・・・・・・」

北上「いや、喋れよ、話進まないじゃん。」

朧「(そもそも此奴は誰なのだ?)」

スピネル「うーん・・・なんだろ、もしかしてナーストから何か・・・?」


<ナーストォ????

<チョッ!リュカサンオチツイテ!

<ハナシテエリアル、イマナーストッテ…

スピネル「・・・とりあえず場所移そうっか・・・」

朧「そうだな・・・」

ジン「・・・・・・・・」

北上「ほら、とっとと行くよ。」ゲシゲシ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

移動中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スピネル・朧・北上「「「チョコが欲しい???」」」

ジン「あぁ・・・そうだ」

スピネル「そ、そう、じゃあ購買で買えば・・・」

ジン「ちっがうんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!」

スピネル「!?」ビックゥ!!

朧「・・・(ジト目)」

ジン「ちがうちがうちがう!!!俺が欲しいのはバレンタインチョコなんだぁ!!!!」

北上「そういや明後日はバレンタインデーだったっけ。あっちこっちでフェアやってるよねぇ」

朧「はぁ・・・くだらん、わざわざ教室移動してまでなんだと思えばチョコが欲しいなど・・・」

スピネル「ははは・・・まぁまぁ、朧も落ち着いて、とりあえず最後まで話を聞いてみようよ。
      それで、ジン・・・君?は誰か好きな人が居てその人から貰えるか不安だってことかな?」

ジン「いや?そういうのは居ないぞ。」

スピネル「え?じゃあどうして・・・」

ジン「よぉぉぉく聞いてくれたぁぁ!!!実はだな・・・」

北上「こいつめんどくさいねぇ・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
回想!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジン「来てくれたか!ナーストの地下ロッククライミング闘技場ではかの将軍からも
   あいつ面白い頭してんなとお言葉を頂戴したナースト国29騎衆の一人、“ギロチン”のまさゆき!」

まさゆき「ふふふ・・・久しぶりだなジン・・・まさかお前がここに居るとは思わなかったぞ。」

ジン「あぁ・・・少しばかり思うこともあってな、俺が居なくなってそっちも騒がしかったろう、すまなかったな」

まさゆき「いや、誰も気づいていないぞ」

ジン「え?」

まさゆき「俺も手紙来た時気づいた。」

ジン「(´・ω・`)」

まさゆき「それよりだ、俺が来たからには安心しろ。ナーストも飽きてきたことだしな。
     ギロチンを振れんなら俺はこっちに付く」

ジン「心強いぜ・・・!」

まさゆき「そそそそそれにこここここはきょきょきょ共学ななんだろろろろ???
     全然ききききき気にしたことねぇけどぉぉぉ!?!?!?バレンタインデーだよなぁ!!!
     もうそろそろぉぉぉ!!!!」

ジン「(こいつ・・・)」

まさゆき「ここだけの話・・・どうだ?貰えそう???俺もいけるかな」

ジン「余裕余裕、昨日も貰った(大嘘)」

まさゆき「マジ???うぉぉぉぉぉ!!ジンがいけんなら俺もいけっだろ!なぁ!明日俺にも紹介してくれよ!義理チョコでも
     いいからほしいんだよぉぉ!頼むよぉ!」

ジン「え?い、いやあそれは・・・」

まさゆき「もしかして・・・嘘・・・?」

ジン「任せろよ!俺だぜ?だからそのギロチンしまって・・・(震え声)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

回想終わり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スピネル「・・・・・・・・・・・・えぇ・・・」

朧「くだらん・・・」

北上「ゲラゲラ」

ジン「頼むって!?チョコくれそうな女子紹介してくるだけでもいいからさ!?」

朧「適当にそこらでチョコ買って渡すのでは駄目なのか?」

ジン「あいつ・・・女の子からチョコ貰うシチュを味わいたいからナースト裏切ってこっちについたんだよ・・・
   もしばれたらまたあっちに戻ってしまうかもしれん・・・」

スピネル「ナーストこんなんばっかなのかな・・・」

北上「そーだったら楽なんだけどねぇ・・・」

ジン「頼む!!俺が話したことある女子ってお前らだけなんだよぉ!」

朧「・・・それで、どうするのだスピネル、北上、拙者は正直鍛錬に戻りたいのだが」

スピネル「え?うーん・・・確かに僕達が力貸せるって言ってもグループの女の子紹介するぐらいしか・・・」

北上「その前にあたしらに頼まないのはなんでぇ?」

ジン「え?いやだって引き受けてくれんの?そっちの二人とか」

スピネル「う、うーん・・・悪いけど僕は・・・」

朧「却下に決まっているだろう」

北上「しゃーないあたs「あ、北上はゴリだからいいで・・・」よし殺す。」

<グワァァァァァ!!!!
<ザ・ヒート・クラッシャァァァァァ!!!

朧「・・・ったく、スピネルそろそろ時間だ・・・教室に戻・・・」フリムキ


筋肉「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ニッコリ」


朧「!!!!!?????」バッッ!

スピネル「あ、筋肉先生こんにちは」

北上「お、先生ちーっす」

朧「(け、気配感じなかったと思えばなんだ!?今は凄まじい熱気を感じる!?)」

筋肉「あぁ!こんにちは!我はノー・・・真人先生である!筋肉いぇい!」

北上「いえーい」

ジンだったもの「いえーい・・・」

朧「(筋肉学の教師か・・・?なんだその挨拶・・・)」

スピネル「いぇい♪」

朧「!?」ガビンッ!

ルビー「いえーい」

朧「!!??」ガビンッ!

筋肉「話は聞かせてもらった!!!安心しろジン少年!そのキログラムのたかゆきとやらを納得させればいいのだろう?」

北上「何もかもが間違ってるよ」

スピネル「ギロチンのまさゆきですよ」

筋肉「・・・・ぎろ・・・ちん・・・?」

ルビー「あっ(察し)」

朧「(それよりなんで誰もルビーの存在に突っ込まないのだ・・・)」

ジン「そんなことが?まさゆきの得意技は匂いを嗅ぐだけで誰が作ったかわかるノーズファンシーキャノンなんですよ?無理に決まってる!」

筋肉「我に秘策ありだ!とりあえずそのキッチンのとしゆきを連れてきてくれ!」

北上「ギロチンのまさゆきね」





まさゆき「なんだ?急に呼び出されたと思ったら・・・ジン・・・こんなに女の子の知り合いが・・・」ワナワナ

スピネル「坊主頭に無数の傷・・・ジン君で慣れっちゃってたけどやっぱ特殊兵なだけあるのかな・・・・」

ジン「まさゆきの頭の傷はシールで貼ってるだけだぞ」

スピネル「かっこ悪いなオイ」

まさゆき「・・・・・・」テレッ

スピネル「褒めてねぇよ」

朧「(いつものスピネルじゃない・・・)」

まさゆき「そ、それで、チョコ貰えるって聞いて来たんだがだれが・・・!」

北上「まぁまぁ、もうそろ・・・おっ来たね」



どぉぉぉん!!!!



朧「っ!?なんだ!?」バッ!

スピネル「こほっ!煙が!」

???「待たせたなチョコを望みし少年!!!」

まさゆき「だ、だれだ??」

???「我だ!!!!!」

???「チョコを持ちし淑女!!!」

???「ノーキn・・・・真子である!!!!」

全員「・・・・・・・えぇ・・・?」

真子「チョコを求めし少年は貴殿か・・・・?」

まさゆき「お?お、おう」

真子「よし・・・ほうら・・・チョコだ」サッ

まさゆき「え?いや、俺は女子から・・・」

真子「・・・?・・・ハッ!」

真子「我はチョコを持ちし淑女!ノーキンである!」

スピネル「先生、違うよそうじゃない」

真子「・・・・・・・・?」

北上「心からの疑問符だねぇ」

ジン「まさゆき・・・構えろ・・・」

まさゆき「は?なんで・・・」

ジン「いいから!!!」

まさゆき「だからなんだっt・・・」


どごぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!


まさゆき「な、なんだこの闘気は・・・!?足が・・!震えが止まらねぇ!」ガクガク

ジン「先生・・・本気で淑女になりきる余り普段抑えている闘気を抑える事が出来なくなっているんだ!」

北上「同時に二つの事しようとするとパンクしちゃうからねぇ」

ルビー「見て・・・あの先生の動き・・・筋肉の盛り上がりで一見見逃しがちになるけど、凄いはんなりとチョコを差し出している・・・
    只者じゃないね」

スピネル「ルビー、当然のように解説の方にいかないでルビー」

筋肉「ビルドアップ・レディー・・・念のために修得したこれが役に立つときがくるとはな・・・」

朧「(放心)」

まさゆき「な、なんだこの圧は・・・そして圧の中に垣間見える女子の闘気・・・!
     どう見ても筋肉がワンピース着てるだけだってのに頭がソレを拒否してくる!
     清楚な淑女がチョコを差し出してくるようにしか見えない!!!」

ルビー「聞いたことがあるわ」

スピネル「え!?ビルドアップ・レディーを!?」

ルビー「えぇ、あたしがまだ向こうの駒だった時に文献で・・・座れば淑女、立てば筋肉を体現した伝説のわざとね・・・!」

スピネル「なるほど!」

朧「ハッ!いや、何なのだその技!?初耳だぞ!?」

北上「もしかしたらと思ったけどやっぱ使えたんだねぇ」

朧「(!?拙者がおかしいのか!?い、いやそんな・・・)」

筋肉「・・・・・まさゆき君!受け取ってください!手作りのトリュフ(物理)を!!」ゴォッ!!

まさゆき「・・・・はい」キュン!

ジン「す、すげぇ・・・!無駄に女の顔に煩いまさゆきがメスの顔になってやがる・・・」

まさゆき「うめぇ!これが女の子(筋肉)が作ったトリュフ(物理)!!うめぇ!!」

真子「ふふふ・・・筋肉があればチョコも直ぐに作れる・・・!」








スピネル「これ・・・解決したで・・・いいのかな・・・?」

北上「多分駄目だと思うよ〜、とりあえず帰ろ、朧さんも大変そうだし」

朧「(拙者は正常・・・拙者は正常・・・)」

スピネル「そ、そうだね・・・」

おわり!




                 !,';;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;<        ___ ,........_
                !.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! iヾ-,.,.,-―,'" ̄/// ー- ̄`‐  ヽ、_
                ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;:"ヾ;:'-!/,l////;'////////////////;;;ヽ  ̄ ―- .._
                /;;';;;;;;;;Niッ   ヽ ///////, 、/////////////;;;;;;;;;ヽ        ̄ ‐-   ___
                 '";゙:;;';ト._/〉 ,' ヽ////////ー-----―;' ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,                 ̄   、
                      {'//\ー\/////////////l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}          、ヽ           ヽ‐ 、
                         V//\:::...._\///////////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/__ ..... _                   }  }
    >    |             /////,\::::::::::ヽ-、//////'''''''''''''''''''''"−''""   ―― ''  ̄ ̄‐- ._―,.- ._   /  .{
  /,.      l    l\   |\  /////// `丶::/  `ー'"                      ,イ    ,., ;'',"´ヽ   !
  ///  ,   厶 _ | .        ///////}                             ,'! //!//////  _,,,,,..ノ
    l  /| /,ニ、ヽ|ヽ| ,ニ、ヽf⌒l |V/////,'!                             l,l .,'//!//////,.-7////‐-_     ,. ― 、
    |/|/ |/|   j.    .         〈/    :,   '  ̄ ̄ ̄ `  、      _          l/!l///////////////////7‐-,、 ,' , '  ̄ヽ
        |  ヽ  ,、     rヘ/  ``´`/               ` 、   |∨__   _-‐7777‐////////////////////,'、 ̄` ー_ r ' ̄ -、
        \ lニ二ソ  /  ト、  , '                    \.| ∨    ,___==///////////////////////ヽ`  { 、 ヽ/ _,. i
        /\     /    `ソヽ/      |         l        l  ∨  /   ` v////////////////////////\  ゙ 、ー`ー}  !
     _,. ‐∧/ l ̄ ̄   / //       l         l        .l  ∨/     }//////////////////////丶`ヾ  _┌-.,__ノ,l
  _,. -‐'   〈 〉  |     /r '" /       ∧           i        ノ   {      ll l//l/!l/,!'ヽ'/,l.!,'}/\/////∧ヽ _ノ´ ` ー、ニニニl
-'        ∨__ |     ' | /        / ∨       l\      /    l      l!l!l/V'''l/ ̄∨,!l/ ̄l!ヾ}l/∧ヾ! { l   :  `、二ニ!
              /      /⌒イ       /   ∨      リ  \    .l     ト,     ll !,,===、  ヾ!,:'"⌒`l!l/!ヾ   l         }ニニ!
、          o/`ー―/   /{       /    ∨     /   l   l .l __   l     l!         ,       l,!     /7=-_  ./ニニニ!
\         /`ー―/   / l      l ー―- l\    l ――∨  l     ∨ .l      l   , ---------,  l    _/////////!ニニニニ!
  \    /  __/   ノ_/ {l      l     / 人   l      ∨/      ∨ l     l゙! 、 lー___‐/ , イニニニ/////////lニニニニl
    \ o/ / ヽ/      r‐ ノl       l T::::::::::::T  \ l T::::::::::::T l/    /_  /∨ヽ    l >‐- _..__< ヽ二ニニ/////////,l二二ニニl
     ヽ/ /   \    ノ ̄ ト、    .l. |::::::::::::::|    ` |::::::::::::::| /   / } ./   |     l 〉///'´/////77ー-==-//////////ニニ=-"
      ∨   o/` <ヽ   /| l  \ .l   ̄ ̄         ̄ ̄ /   / ノ /    l    l l////!///////////////`\'//////_,.-'"
      /   o/    /  / l ` 、_l`        `       /   /イ /    .l    l l'///∧'/////////////////ヾ'///,'
                    l    ト、       __     フ_/ノ   /     l    l l////∧'/////////////////////
                    ∨    | 、       ̄ ̄     ,  '-イ  /      l    l l/////∧_///////////////////ヽ
                     ∨   l    > 、      _  <   / /      .l    l  V//////∧ー-'"\ ̄ ̄ヽニニニ/
                      ^\/   l    "、_ ̄_ '    〉   ̄        .l    l  V/////////////ゝ    !,.'"
                          , {,  -- __ --   >- 、         .l    l   ∨/////////´     , ' }
                         /  || >、      ,x ≦ | |  ` 、        l    l   ∨///,.'"           {_
                        l   ノ/    ` - '   \ | |   l       .l    l    ー'"        / /└,
                        l   / \        / \.|   l        l    l    l     ` ー  ̄ , ' / ; lヽ
                        l  /    \  l   /    |   l        l    l




※これは本編に一切関係しません

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます