_  -──- 、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
              / ::::::::lノ|::ノリ:|::ト|::ヽ:::::::::::l
          /:::::::|::::从 ● ヽ| ● l:::::::l
          |::::::(|:::⊂⊃ 、_,、_,. ⊂|:::::::l
          |:::::i⌒ヽ j  (_.ノ   ノ:::::::l/⌒)
          |:::::ヽ  ヽx>、__, イ:::l::::::lヽ /
.       ,. -ニヾ、|:::::::∧__,ヘ}:::::ヽ-/::::::::|::::::l:::ハ
        ミ、  ヽ|:::::::ヾ_:::ッリ:i\::://:::|::::::l:/


                                  ,.イ
                     /lヽ            // l
                    , .| ∧          / ./ .!
                     l ,l .∧       / ./,ィ !
                      | ,l  ∧  ___,/ ./´゛゙゙ヌ,
                      | ,l从从ミY´::::::::::::::::`:.ヽ、 <
                     l ,l <  ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::Y、
                         〉l,.ィ 、__l`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                 、   /:`゙゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                    )\/::::::/l:::::::::::::::::::::::::::::::::i::i!:::::::::::::::::ハ
                     /  ,::::::/:::l::::::::::::i:::::i:::i!:::i::/l::l!l:::::::::::::::::リ
                   /  ,::::::/:::/l::::::::::::l!:::l!::l!:/リ .lリ_|::li}:::::::ィ:リ
             /   ,::::::/:::/:::l::::::::::弋ニフ`  弋ソ.|:::::/ \
            /    ,:::::/:::/:::::::l:::::::::::l          !::::{ヽ, ヽ
           /     ,::::/:::/:::::::::::l::::::::::ト , _.-‐ _ .イ|:::::l´ハ、 ',
         /      ,::::/:::/::::::::::::::l:::::::::l三>< ̄|三/|:::::!ニノヽ亠- 、
           {       .,:::/::://:::::::::::::::l::::::::l´三三ニ\!ニ7 !:::::|¨ハ::ハ    \
         ',       ,::/::://:::/:::::/::::ハ:::::ハニr――-r-イ,ノ!:::::|:::::}::::}    ハ
        , -┴- 、 .,:/::://:::/:::::/::/::::::〉::::ハ:ヽ_..イ 介ヽl:::::l:::::}}::リ       }
      /    . . . .`Y>''⌒ ̄⌒'''<::/三Vハ三ニニ/ .l!、 ヾ;ミ、::}:/     /
    / . : : : : : : : : /      .: : :、 7ニニ∧::V三ニ| ,ノニヽ.jニニ`ヾ、    /
  / . : : : : : : : : :./           . :Yニニ/三三三ニレ'三三三三三ヽ   {、
  ´⌒ ̄⌒ヽ、: : : : :{               Yー/三三三ヽ三三、三、三ヽ三.}>ー.`-
           ̄` {           (,イヽ三三ニニ)ニヽニヽニ)三i}ニツ
              V             : : : )`ヽ三_/三/ニ//_/
             ヽ          : : /  ` ̄ー {-、./_/
              \_        . : : /        .{:::ノ¨´
               / ̄    . : : /        ¨´
             /__: : : : >''"
                ´ ̄     ̄´

                        -──-
                    '"::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::..
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
      ゞミ、ミ、、      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ミ、    ヾ.、   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::',
       ミ、    ヾ、 ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/メ:::/ !::::::::::::::::::::::::::::!
        ミ、      ヾ:::::::::::::::_:i::::::::::`≧z、/:::∧/:::::::::/::::::::::::::::!
   ゞミミ、ミヾ     ,'::::::::::::://⌒l::::::::::l`{:::::::::::ハ /:::::://:::/:::::::!
   ミ、    ヾ、   ,':::::::::::::::ヽ _(_::::::::::| 弋;;;;ノ /:::/,ィ/イ:::::::::::/
    ミ、    ヾ、 ,'::::::::::::::::::::`..ー|:::::::::| xx  // {:::シ/::::/:/
     ミ、.    ヾ,'::::::::::::::::::::,r<ヘ::::::::|   ,.,: ''"'""''彡イ:/
 ゞミミ、ヽミ、      '::::::::::::::::::〃⌒ヽヘ:::::|>、,;'"     彡:::|
 ミ、    ヾ、.    ;:::::::::::::::::/:::::::::::::ヽi:::::! ミ、__      ミ:::::l
  ミ、    ヾ、  ::::::::::::::::/}:::::::::::::::::}l:::V´ ニう    rヘ::::::::i
   ミ、     ヾ、i:::::::::::::/〈:::::::::::::::::八:_{ ‐ノ    {ミ/!:::::::i
   ミ、.       l:::::::::::::〉::弋:::::::::::´>,..''⌒ヽ/⌒ く/!:::::::i
    ミ、.       i:::::::::::〈:::::::::::Y:::/:::/:::::::::::::::}::::::::::::::ヽ:::::::i
     ミ、.     !::::::::::::::7::::::::::/!:::::/:::::::::::::::::j:::::::::::::::::',:::::::i
      ミ、.   l:::::::::::::/::::::::::ハ:::,':::::::::::::::::∧:::::::::::::::::i:::::::!
       ミ、.  └―‐/:::::::::::/::::ヾi:::::::::::::::/  ゝ、:::::::::|  ̄
         ´ミミミ、/:::::::::::::::}:::::::::|::::::::::::/  ヾハ::::::::::|
            \::::::::::::ノ::::::::::!:::::::::/   ,.ヾ゙ l::::::::::|
               `ー'⌒ ー‐‐ト、__ノ}゙''''"   ト、__;ノ}
                        `ー'´       `ー‐'´

                        _ --―‐ァ、
      ト、       ..-―…―-.......f´       /;/
      |  ー‐-、......´:::::::::::::::::::::::::::::::弋    /;/
      |   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  i;;;Y
        乂  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=‐┘
        Y::::::::::::::::::::i!::::::::i:::::::i::::::!:::::!:!i::!:::::::::::::ヽ
        ハ:::::::::::::::::::ハ::::::::ト、::i|\i\|从ト、::::i^ヽ:|
         iリ:::::::::::::/ー ヽ:::|八リ ィfテ示 }:::l〆圦
         |l:ii:::::::::::iィfテV    乂:::::::::ツ i:::|__ノ::::::、
         |l:|li:::::::::杙::::::::リ///////と二つ !:::!::::::::::八
         リ从::::r―につ´ _,. -‐=ミ    小:|::::::::/:::::ト、
.           Y   ‐< ノ f´;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ /_:|:::|::::::::i:::::::l ヽ
.           /   ヽ_)) i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /:|:::|::::::::|:::::::l   .
        _/__ `ヽノ ≧‐――‐f´_/::::::;:::;::::::::::ト、::::ト、  i
.      /:::::::::::::::`ソ:::::ヽ__    /::::::::::/::/_:::::::::::::}:::| \|
       Y::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::i:::::\_/ィ―‐イ:://::::::::::::i:::l   |\
.       l:::::::::::::::::::::::::::<Y:::|  ̄`Y´ 〃  .!::i:::::::::::::::::::|:::l   |  ヽ
.       l:::::::::::::::::::::::::::::::!::::!`ヽ |  ii /l:::!:::::::::::::::::::!:::!   ノ

神賽島世界のあらゆる所に生息している謎の種族。
姿は幼い狐の亜人種に近く、多くの者が九つに分かれた尾を持っている。
基本的にどの個体も知能が高く、どんな者にも友好的に接する。
雄は存在せず、雌だけしかいないらしい。広義的には淫魔種の部類に入るとか。

住んでいる場所によって見た目が様々に変化しており、その生態には謎が多い。
驚異的な環境適応能力を保有しており、どんな地域にも溶け込む力があるためと言われている。
産まれたばかりの個体は皆が幼い狐の亜人種に似た容姿。同じような顔立ち、美しい姿をしている。
その基本的な姿から、環境に応じてどんどん適応進化が行われるようだ。
永く生きている個体ほど狐の亜人種の範疇を大きく飛び越え、多種多様な成長をする。

若い個体の性格は総じて自由奔放で元気。ちょっと落ち着きがない。
時間が経ち、成長すると性格が分化していくようだ。
知性体にはとても友好的。敵意を向けられても、先ずは様子を見ながら話しかけてくる。
適応能力に比例するように、別の文化への理解度も高く。郷に入れば郷に従う。
ただ、自然の掟も大事にするので。狩りの対象にしたり、敵対行動を行うと容赦なく攻撃を加えてくる。

仲間意識も強いが、自然の掟に従うのなら報復などはしない。
狩り狩られるなど、自然では当たり前のことなのだから。
但し、あまりに悪辣な行為を繰り返すと周囲の小狐たちや永く生きた上位の個体が撃滅に来る。
上位個体の力は強大で、一部の者は古龍にも匹敵するのではないかとも言われている。
この小狐たちを統べる最上位の存在がいるらしいが、真相は定かではない。

地域によって様々な共存関係。多様な生態をしているが、冒険者にとってはありがたい存在である。
どんな過酷な地域でも探せば、何処かにはいるため。食料や薬がない時、強敵に出会った時に手助けを頼むことができるからだ。
油揚げなどの対価を渡し、お仕事の形でよく働いてくれる。常連さんには安くするサービスまである様子。
ちなみに何度も対価を払わないとブラックリスト入りするらしい。
実は学園にいる、ごく一部の人物には頭があがらない。無償で協力することもあるようだ。

神賽島世界で小狐を知るものは絶対にやらないが、気をつけなければいけないことがある。
それは性的な誘い。小狐を発情させるような、その気にさせるような行為である。
彼女らは普段の姿から想像もできないが非常に好色で、性技の方も何故か異常なまでに高い。
自信があるからと言っても、決して誘惑してはいけない。死ぬ寸前まで絞り取られるだろう。
また、不定期に来る発情期のようなもの。その時に誘惑した場合は、地獄のような天国が待っている。

神賽島世界では上位に位置する危険な生き物という見方もあるが。
付き合い方を間違えなければ、とても良い隣人となろう。
強い者はKITUNEと呼ばれることもある。

余談だが、神賽島世界の学者は知性体を見つけた時、先ずは小狐かと聞くのが習慣となっている。
進化した小狐は本人が名乗らない限り、殆どの人が新種の生命体と間違えるからだそうだ。
小狐全集という、世界中で有名な小狐種について写真付きで紹介している本もある。見ているととても癒やされる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます