アストラル。
アンドロメダにおいて内戦の遠縁になっているもの。大気に満ちる未知の粒子。
ロウ、及びカオスの首脳陣はこれを秘匿しながらも密かに研究を進めている。

その効果として
1燃料類の低出力・高燃費化
2金属抵抗値の一律排除
3空気抵抗の増大
が確認されており、長い年月により非常に少なくなった資源でも問題なく生活できるようになるというメリットが発生したが、同時に文明水準の大幅低下という莫大なデメリットが発生。その技術水準は1900年初頭レベルであり、技術的に蓋をされた状態となっている。

また、アストラルへの感応性が高いことにより異能の力を振るえるようになったものを魔人と言う。
その異能の効果は個々人によって多岐に渡り、神々の神話や星々に則したものが多い。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます