イロカネ教の祖である璃巫女が残した教えであり信徒を律する言葉
・仲間を信じ、仲間を助けよ
その言葉の通り、仲間を信じ、その仲間を助けあっていけという教え
仲間が間違った道を進もうとしているならば、それを止めるよう努めよという意味合いもある
・怠惰と快楽に溺れることなかれ
怠けず真剣に物事をこなせという教え。また、ギャンブルやエロ系統にかまけるなと律している
何事も節度と節制が大事である
・強くあれ。但し、その前に正しくあれ。
肉体と技術を磨き、経験と知識を積め。但し、その前に正しい精神を持つべしと示す言葉
・行動に疾くあれ。先手必勝を旨とすべし
行動は素早くてきぱきとこなすべしという意味合い
・自ら考え、自ら行動せよ
言われずとも予測し、物事をこなせという意味。また、相手の裏を読み取れという意味もある
・命を大切にせよ。その心身は一つしかないのだから
命を軽々しく扱ってはならない。また、蘇るから、回復するからと言って身を犠牲にしたり
無茶なことをしてはいけないという戒め

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます